日本だけでなく、基本的に欧米のホテルでも消耗品以外は持ち帰ってはいけません。

MENU

アメニティの持ち帰り

ホテルのアメニティは持ち帰っても良いのでしょうか?
どんなホテルに泊まった時でも、大抵用意されているアメニティの持って帰って良い物悪い物についてまとめてみました。

 

高級なホテルなどに泊まるとアメニティもブランド物などのことが多く、特に持って帰りたいと思ってしまうのではないでしょうか。
基本的にはアメニティは持ち帰りが可能ですが、そのアメニティ扱いになる物とそうでない物の認識違いに気をつけなければいけません。

 

アメニティとして認識されるもの

アメニティとされているのは基本的に、

  • 歯ブラシ
  • 石鹸
  • シャンプー

など(一回分を小分けにしてある物)の使い捨ての物となります。 
宣伝効果のあるタオルなども可能なものとなります。
これらの物は持ち帰りが可能と言われています。
もちろん、これらのアメニティでも持ち帰り禁止と書かれているものは持ち帰り不可です。

 

アメニティとは考えられないもの

アメニティと考えられるもの以外の物は、ホテルの備品となります。
持ち帰ることは出来ません。

  • バスローブ
  • バスタオル
  • タオル(通常の)
  • スリッパ

などがあります。

 

また、当然のことながらホテルでは灰皿なども備品となります。
これら、総合的に見て持って帰って良いものは使い捨ての物となります。

 

中には記念としてどうしても何かを持って帰りたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。
そういう時は、ホテルの絵はがきなどを利用する方法もあります。
客室係りに頼めば追加で持ってきてくれるケースなどがあります。

 

いかがでしたでしょうか。
ホテルのアメニティ扱いの物とそうでない備品について記載致しました。

 

ホテルの宿泊を快適に心地よくするための物がアメニティです。
ホテルのアメニティと言われているものは、持ち帰ってもいいものです。
日本だけでなく、基本的に欧米のホテルでも消耗品以外は持ち帰ってはいけません。