フィードのボディタオルは全て福岡工場で厳しい管理の元で製造されている為、評判が良いです。

MENU

肌にいいボディタオル

フィードが扱っているボディタオルは、肌触りが良いと評判になっています。
肌の良いボディタオルについて紹介していきます。

 

ボディタオルの種類

ボディタオルの代表的な種類は以下の内容が挙げられます。

  • ナイロン
  • ポリエステル
  • 綿(コットン)
  • 麻(リネン)
  • 絹(シルク)

 

ナイロンやポリエステルなどの合成繊維は、比較的刺激が強く、肌が弱い人にはオススメできないとされています。

 

その他の素材は商品にもよりますが、合成繊維の安物に比べると、天然素材を活用している為、肌に良いとされています。

 

しかしナイロンやポリエステルなどのキメが細かく、しっかりしている素材でないと泡立ちが悪くなる問題点があります。

 

フィードが扱っているボディタオルはナイロンやコットン、ポリエステルなど、いくつかの素材を使った商品を複数ラインナップされています。

 

 

素材よりも作り手のこだわりが重要

泡立ち

ナイロンやポリエステルは肌に良くないと決め付けるのは間違っています。
ボディタオルの肌への優しさや吸水性、泡立ち性は素材に関係なく、それぞれの素材の特性を理解してキメの細かさや他の素材との配合、加工のやり方などを工夫する事で肌が弱い人から、ゴシゴシ洗いたい人まで満足できる商品を造る事ができます。

 

家庭用のボディータオルは、人によって硬さなどの好みが分かれるので、方向性さえ出しておけば細かい品質はそれほど求められない為、中国などのコストが安い海外産が主流です。

 

それに対してフィードは拠点の福岡の工場でそれぞれの商品を、長年の研究結果によった配合で、厳正な管理の元で製造されています。

 

この結果、日本製のフィードのタオルをホテルなどで使うと、
家で使っているタオルよりも良いと感じる事ができるのです。

 

海外製品の場合は、硬ければ良い。柔らかければ良い。
などその程度のコンセプトで開発されているので、肌が弱い人は通常の製品を使うと痛く感じてしまい、肌が弱い人用のタオルでは、柔らかすぎて、泡立ちやタオルのハリなどを犠牲にした仕上がりを普通だと感じてしまう為、高級品を使っているホテルのボディタオルを使うと、しっかり体を洗えるのに、痛くない。などと感動を覚える事があるのです。