ホテルのディナーは、腕の立つシェフが厳選した最高の食材を使って調理します。

MENU

ホテルのディナーが高い理由

ホテルのディナーは何故、高いのでしょうか。
ホテルのディナーが高い理由について記載しています。

 

ホテルのランチが安いと感じる一方、ディナーは高いと感じている方も多いようです。
確かに、ディナーはランチに比べて高くなっています。
これは、ホテルに限らずフレンチやイタリアン、寿司屋や居酒屋など飲食業界に共通して言えることです。

 

ランチが高くなっているのがディナーということではなくて、ディナーの料理を価格を下げて食べれるのがランチということになります。
ディナーが1万円以上するような料理の場合でも、ランチなら2千円前後で食べることが出来ます。

 

では何故、ランチは安くなっているのでしょうか。

それは、一つに大量に仕込んだり出来る物を使うからと言えます。
ランチがディナーに比べて限定されたメニューが提供されているというのも安くなっている理由です。

 

ディナーイメージ

ディナーと違い、ランチではメニューを作り置きできるものや簡単な調理で出せるものに限定することでコストを安く出来ています。
また、ランチはビュッフェ形式などにする事で人件費を削減出来る事も安くなっている理由となります。
食事だけでなく、カフェのコーヒーなども夜よりも昼の方が安くなっていることがあります。

 

ホテルのディナーは、確かにランチなどと比べて高くなっています。
しかし、それにはより高級な食材を使っていたり、調理に手間がかかっていたりなどのそれなりの理由があります。
ホテルのディナーは、それだけ質の高い料理を食べることが出来るので支払う価値はあるかと思います。

 

一方、ホテルのランチは宿泊とは別に、ホテルのサービスの一環として行っています。
ホテルからすると貴重な収入源になっています。
これら、ディナーにもランチにもそれぞれの特徴があるので、その時のご予算に応じて賢くご利用されてみて下さい。