プラスチックのリサイクルは株式会社フィードのような事業者が行う事により、分別が徹底されより効率的な方法で再生されます。

MENU

プラスチックのリサイクル

ホテルのアメニティ製品などを手がける、福岡で自社工場など多数の不動産資産を保有している株式会社フィードでは 環境対策にも積極的に取り組んでいます。

 

その代表事例なのが、自社で使用されている使い捨て製品のプラスチック素材をリサイクルして、再生プラスチックとして有効利用する取組みです。

 

 

プラスチックのリサイクルの種類

  • マテリアルリサイクル

    廃プラスチックを溶かし、もう一度プラスチック製品や原料に再生する方法

  •  

  • ケミカルリサイクル

    廃プラスチックを化学的に分解するなどして化学原料に再生する方法

  •  

  • サーマルリサイクル

    廃プラスチックを焼却して熱エネルギーを回収したり、固形燃料にする方法

 

リサイクル市場全体では
約半分がサーマルリサイクルで、ケミカルリサイクルはごく一部。
マテリアルリサイクルは全体の2割前後、残りはその他の方法で処理されています

 

最も効率的なリサイクル方法はマテリアルリサイクルですが、家庭用プラスチックだと分別がしっかりしていないので、サーマルリサイクルに活用されているケースが多くなっています。

 

フィードは必要に応じた方法でリサイクルをしていますが、厳しい管理の中で廃プラスチックの分別も徹底されているので、マテリアルリサイクルの割合が多い事が想定されます。

 

 

ホテルアメニティの製造工程では廃プラスチックが出やすい

フィードのリサイクル

ホテル用のシャンプーやトリートメントなどの商品は、小分け袋による使い切りタイプが人気です。

 

工場で生産する過程でどうしても、小分けする量が多いと余った切れ端や加工工程で除去される余ったプラスチックが多く輩出されます。

 

フィードはこうした特性を理解した上で、環境面を考えて無駄をなくすように、自社でリサイクルの取り組みを積極的に行っているようです。

 

 

リサイクル以外にも環境対策を徹底している

フィードの工場では、高品質と環境保護をコンセプトに徹底した管理体制の中で運営されています。
化粧品製造における世界基準となるISO22716を取得したり、環境保護の為に汚染物質を出さない工場作りを目指しています。

 

こうした環境対策は地元住人からも高く評価されていて、福岡や九州のホテルではフィード製品の採用率が高い結果に繋がっているようです。