ライン使いでスキンケア製品の効果を最大限できるフィード製品を元に調べてみました。

MENU

スキンケアのライン使い

スキンケア製品は様々なメーカーから多数の商品が出ています。
化粧水はA社、保湿剤はB社などと化粧品の種類に応じて、複数のメーカーの製品を使っている人も多いですが、化粧品は全て一つのメーカーに統一する事をオススメします。

スキンケア製品を全て同じメーカーで揃える事を「スキンケアのライン使い」と呼びます。

 

 

スキンケアのライン使いをするメリット

当サイトで紹介しているホテルアメニティ製品のフィードをはじめ化粧品メーカーは必ずといっていいほど幅広い化粧品を扱っています。
フィードの場合も化粧品、入浴製品など幅広いシリーズ製品をラインナップされています。

 

スキンケア製品は、それぞれの商品によってコンセプトを設けて造られています。

 

必要な商品を全て一つの製品で統一する事で、目的がブレずに高い効果を発揮できますし、それぞれの製品で相乗効果を期待する事も可能になります。

 

 

同じメーカーの同じシリーズに揃える

フィードの製品ラインアップを見てみると化粧品だけでも、

  • リバイセンス
  • リベルテージ
  • ハーバルエキストラQ10
  • アフターメン

など幅広いシリーズ製品が用意されています。

 

それぞれコンセプトや成分は違っていて、シリーズによっては、洗顔ジェルを使っていたり、洗顔ソープを使用するなどラインナップの内容も違います。
それぞれの商品はライン使いする事を前提に開発されていて、効果や成分を最大限活かす為のシリーズラインナップになっています。

 

例えば、フィードのリベルテージを使う事に決めたけど、洗顔ソープは嫌いなので、そこだけ違うシリーズや他社製品の洗顔ジェルを利用したとします。
もちろんそれでも効果は出ますが、ライン使いをした場合と比較すると効果が薄れてしまうケースもありますし、組み合わせによっては悪い科学反応を起こすリスクもあります。

 

しっかり成分や効果を理解して、自分で正しく組み合わせを選ぶ事ができるのであれば、大きな問題はありませんが、使ってみた時の印象やフィーリングだけで適当に選ぶ事はオススメできません。
手堅く、それぞれの製品の効果を最大限引き出す為にも、化粧品はライン使いをオススメしています。